店舗見学でのダメな質問 配属について

店舗見学で質問してはいけないこと。

配属に関する質問はタブー

社員等が店舗内を案内してくれる店舗見学では必ず最後に質疑応答の時間があります。案内係が人事担当者でない場合に本音の質問をする人がいますが、質問された内容は必ず人事に報告するので、こういう質問は絶対に止めましょう。店舗見学で「配属の希望は通るのか」「貴方は希望通りの配属だったか」などの質問をする人がいますが避けた方が良いと思います。そもそも店舗見学での質疑応答では実際に店舗を見て、それについて質問する場であって、労働条件などについて質問する場所ではありません。どうしても労働条件を聞きたいのであれば面接や説明会などで質問するべきです(印象は悪いですが…)。

配属は会社がその人の適性を判断して決定します。原則として社員はその決定を受け入れられなければ辞めるしかありません。ちなみに現実は会社が新入社員の適性を個別にチェックすることはなく、殆ど場合は「この店のここの部門に若手が足りないな。今年は新入社員を入れようか」などといった会社の都合で配属が決まります。そもそも希望が無い社員はいるわけがないですし、全社員の意見を聞いていたら会社が成り立ちません。人気がある店舗や部門は大体どこも決まっていますからね。

それに店舗見学で配属の質問をされても「配属は会社都合だよ」など、本音で答えることはありません。「配属希望は熱意が伝われば必ず叶います。」などと当たり障りのない回答が返ってきます。つまり、この質問をすること自体に何の意味もないのです。何の意味もない質問をして評価を落とすなら、質問しない方が良いと思いませんか?私なら絶対にこのような質問はしません。

スポンサーリンク

関連記事

流通業界唯一の公的資格「販売士検定」

流通業界唯一の公的資格「販売士(リテールマーケティング)検定」。受験生の多くが就職活動を控えた学生です。
就活で役立つのに難易度はやさしく、販売士3級なら合格率は約60%(実際の合格率は80%以上です。)!

試験は年に2回。独学でも合格できます。

販売士の勉強法、おすすめ本などはこちらから 販売士講師が運営「販売士と就活で役立つ資格

スポンサーリンク

店舗見学FAQ

カードの会員登録はするべきですか?

店舗見学で会社のカード会員に登録した方が良いですか?

登録した方が印象は良いが登録しなければいけないわけではない。

最近では多くの会社で会員カードを発行しています。店舗見学に行く会社のカード会員でない場合に、カード会員になるべきかと言えば、登録した方が良いが、登録しないと不採用になるというわけではないと思います。特に大きい会社ほど就活生が多いのでいちいち会員登録の有無まで確認しているのか疑問です。とはいえ、会員登録は大した手間でもないですし、登録無料であれば私ならとりあえず登録します。会員登録してマイナス評価という事はないですからね。

See the entire answer

服装は自由!?どうしたらいいですか?

店舗見学に行く時の服装は自由と言われましたが、本当に自由なのでしょうか?

自由と何でも良いは違う!

就活生によっては「服装自由」という事で普段着で行く人がいますが、「自由」と「何でも良い」は違います。私なら自由と言われてもスーツで行きます。

アパレル会社等で多いのですが、「私服で来て下さい。」とスーツを禁止するところがありますが、この場合は出来る限りその会社の雰囲気に合った服装で行くようにしましょう。ライバルブランドは避けた方が無難だと思います。店舗見学は面接と同じで採用活動のひとつです。

See the entire answer

店舗見学をするところの近隣店舗にも行くべきですか?

今度店舗見学をすることになりましたが、その店舗の近くに同業のお店が数店あります。事前に近隣店舗の見学をしておくべきでしょうか?

近隣店舗も見学しておく方が良い

その会社に対する気持ちにもよりますが、第一志望であれば近隣店舗も見学しておくべきです。「近隣の競合店との違いを聞く」で書いていますが、ほとんどの就活生が店舗見学に行く店しか視察していないので、事前に近隣店舗を視察しておき、店舗見学で社員等に近隣店舗との違いを質問したら熱意が伝わります。店舗見学レポートでも書けるので時間の余裕があれば近隣店舗も行った方が良いですよ。

See the entire answer

ピックアップ記事

  1. 店舗見学とは会社の実際の店舗を見学することです。アパレルやスーパーなどの小売業の場合、採用活動の一環…
  2. 店舗見学では挨拶は明るく元気にハッキリとしましょう。 (さらに…)…
  3. 店舗見学レポートを作成するときの注意点をまとめています。 (さらに…)…
ページ上部へ戻る