競合店調査はするべきか?

店舗見学をする前に近隣の競合店を調査するべきか。

店舗見学の前に競合店調査はするべき

就活生によっては店舗見学の前に近隣の競合店に調査に行く人がいます。調査といっても何も特別な事をするわけではなくて、見学店舗の近くにある店舗を見て回る程度のことで十分です。最初の頃は一体何を見たらいいのかよくわからないでしょうが、調査能力は何回か経験を重ねるうちに付いてきます。

店舗見学ではたまに「他店との違いについて感じたことを教えて下さい。」と質問されることがあります。会社からすると、「この業界に就職したいと思っているなら業界研究や店舗研究をしているはずで、他店との違いを言えるはず、言えないのであればこの業界に興味が無いか勉強意欲が無い人」だと考えます。実際には就活生の多くが見学する店舗しか行っておらず、店舗見学等でこのような質問を受けた時にありきたりな事しか言えられません。競争率の低い会社ならそれでも内定をもらえるかもしれませんが、倍率の高い会社だと難しいでしょう。

競合店調査や店舗見学のコツ

競合店調査の技能は一朝一夕で身に付くものではありません。先にも書きましたが、最初のころはブラブラ~っと店舗を見て回るだけでも十分で、調査能力は次第についていきます。

店舗見学のポイントは「店舗見学のポイント」でまとめています。このポイントを意識して、競合店調査や店舗見学ではメモを持ち歩き、気付いた点や気になった点などを記録していきましょう。何店舗か回っているうちに、段々と会社ごと・店舗ごとの違いに気づくことができるようになります。私は時間の余裕があれば競合店調査はするべきと考えています。数をこなすと段々楽しくなってきますよ。

スポンサーリンク

関連記事

流通業界唯一の公的資格「販売士検定」

流通業界唯一の公的資格「販売士(リテールマーケティング)検定」。受験生の多くが就職活動を控えた学生です。
就活で役立つのに難易度はやさしく、販売士3級なら合格率は約60%(実際の合格率は80%以上です。)!

試験は年に2回。独学でも合格できます。

販売士の勉強法、おすすめ本などはこちらから 販売士講師が運営「販売士と就活で役立つ資格

スポンサーリンク

店舗見学FAQ

店舗見学で写真を撮っても良いですか?

店舗見学レポートの資料に使いたいので写真を撮っても良いでしょうか?

必ず事前に会社に確認すること。

店舗見学で写真を撮る場合は必ず事前に写真を撮っていいか確認するべきです。特に普段は入れないバックヤードなどは許可が無い限り写真を撮ってはいけません。万が一、勝手に写真を撮って社員等に注意されたら確実にマイナス評価です。バックヤードには外部には知られたくない企業秘密などがあります。

知り合いを自宅に招いて勝手に写真を撮られたら「なんだコイツ!?」となりますよね。それと同じです。

See the entire answer

友達と一緒に店舗見学に行ってもいいですか?

友達も同じ会社に応募していますが、一緒に店舗見学に行っても良いのでしょうか?

店舗見学は遊びではありません。友達と一緒に行くとマイナス評価になる場合があります。

店舗見学は面接などと同じで採用活動の一環なので、原則として友達と一緒に行くべきではありません。特に会社の社員等が店舗内を案内してくれる店舗見学の場合は友達と一緒に行くだけでマイナス評価になります。会社の人が案内しない自由訪問の店舗見学の場合は誰と来たのかわからないので友達を一緒に見学してもわかりませんが、私なら万が一の事も考えて別々に行きます。

See the entire answer

カードの会員登録はするべきですか?

店舗見学で会社のカード会員に登録した方が良いですか?

登録した方が印象は良いが登録しなければいけないわけではない。

最近では多くの会社で会員カードを発行しています。店舗見学に行く会社のカード会員でない場合に、カード会員になるべきかと言えば、登録した方が良いが、登録しないと不採用になるというわけではないと思います。特に大きい会社ほど就活生が多いのでいちいち会員登録の有無まで確認しているのか疑問です。とはいえ、会員登録は大した手間でもないですし、登録無料であれば私ならとりあえず登録します。会員登録してマイナス評価という事はないですからね。

See the entire answer

ピックアップ記事

  1. 店舗見学レポートを作成するときの注意点をまとめています。 (さらに…)…
  2. 面接や会社説明会で「○○日までに店舗見学をしてください。」と言われることがあります。このように指示さ…
  3. わざわざ会社が店舗見学をする理由は何だと思いますか?店舗見学をするのにもお金がかかっています。社員等…
ページ上部へ戻る