店舗見学のチェックポイント4 店員の数

店舗見学のチェックポイント。店員の数。

店舗見学では店員の数をチェックする

対面販売であろうとセルフサービス販売であろうと店舗には店員がいるはずです。店舗見学では店員の対応だけではなく、店員の人数にも注意しましょう。どういうことかというと、お客様の立場からすると店員は多い方が良いに決まっています。店員が多い方が質問したい時に質問でき、精算時にはレジでも並ばなくてもいいですからね。ただし、店員には給料等の費用がかかっています。店員が多いという事はそれだけ費用がかかっていて、必要以上に店員が多い場合は無駄な費用が発生していることになります。

店員が多いことによるメリット

  1. 必要な時にすぐに対応してもらえる
  2. レジで待つ時間が少ない
  3. 売場の管理ができるので欠品が少ない
  4. 売場に店員がいる事による万引き防止

店員が多い事によるデメリット

  1. 余剰人員のコストが発生(価格に転嫁、又は会社の財務悪化)
  2. 店員が多いと店内に入り難くなる

なお、店員が多いか少ないかは業種や業態によって違いますので似た会社の店舗等と比較して判断しましょう。他店と比較して差がある場合、そこには何か理由があるはずです。

0
スポンサーリンク

関連記事

流通業界唯一の公的資格「販売士検定」

流通業界唯一の公的資格「販売士(リテールマーケティング)検定」。受験生の多くが就職活動を控えた学生です。
就活で役立つのに難易度はやさしく、販売士3級なら合格率は約60%(実際の合格率は80%以上です。)!

試験は年に2回。独学でも合格できます。

販売士の勉強法、おすすめ本などはこちらから 販売士講師が運営「販売士と就活で役立つ資格

スポンサーリンク

店舗見学FAQ

店舗見学で質問したら評価は上がりますか?
店舗見学で社員などに質問をした…

続き

店舗見学で質問した人から嫌な顔をされましたが不採用ですか?
店舗見学で質問をしていたら嫌な…

続き

店舗見学レポートの提出期限を過ぎてしまったら不採用決定ですか?
うっかりして店舗見学レポートの…

続き

ピックアップ記事

  1. 店舗見学とは会社の実際の店舗を見学することです。アパレルやスーパーなどの小売業の場合、採用活動の一環…
  2. 店舗見学では挨拶は明るく元気にハッキリとしましょう。 (さらに…)…
  3. 面接や会社説明会で「○○日までに店舗見学をしてください。」と言われることがあります。このように指示さ…
ページ上部へ戻る