店舗見学のチェックポイント9 売場の通路

店舗見学のチェックポイント。売場の通路。

店舗見学では売場の通路をチェックする

売場の通路はお客様が快適に買い回りしてもらうための大切なスペースです。店舗見学では次の点に注意しましょう。

売場通路のチェックポイント

  1. 通路の広さは適正か
  2. 通路に物が置いていないか
  3. 通路は汚れていないか
  4. 集客ポイントは設置しているか

通路の広さは適正か

通路はお客様が快適に買い回るための一定の広さが必要です。狭いとお客様同士がすれ違う事ときに気を使いますし、商品補充にも手間がかかります。反対に広すぎるとお客様が余計に歩かなければいけません。

通路に物が置いていないか

スーパーなどの通路には通路中央にカゴ等の陳列設備を設置しているところがあります。これは島陳列と呼ばれ、通路中央にあるため注目度が高く一定の販売効果が見込めるので多くの店舗で活用しています。島陳列は売上げアップに貢献する半面、通路を狭くさせるデメリットもあります。主通路だけでなく副通路にも島陳列している店舗もあります。

通路は汚れていないか

通路の汚れは店舗全体の印象も左右します。定期的に掃除をしているかどうかは汚れ具合を見れば大体わかります。また、雨の日には水で店内床が濡れないように注意を払っているのかもチェックしましょう。床が濡れるとお客様が滑って怪我をするかもしれません。

集客ポイントは設置しているか

集客ポイントは来店客が注目する売場や設備をいい、これを設置することでお客様を誘導することができ、狭い店舗でもお客様が快適に店内を買い回ることができます(動線管理と言います)。スーパーでは入り口から野菜、魚or肉、加工食品、レジという順番で設置することでお客様は一定の規則通りに買い回ります。こうすることでお客様が入口から出口にスムーズに流れ、逆流する人が少なくなります。

0
スポンサーリンク

関連記事

流通業界唯一の公的資格「販売士検定」

流通業界唯一の公的資格「販売士(リテールマーケティング)検定」。受験生の多くが就職活動を控えた学生です。
就活で役立つのに難易度はやさしく、販売士3級なら合格率は約60%(実際の合格率は80%以上です。)!

試験は年に2回。独学でも合格できます。

販売士の勉強法、おすすめ本などはこちらから 販売士講師が運営「販売士と就活で役立つ資格

スポンサーリンク

店舗見学FAQ

店舗見学で質問したら評価は上がりますか?
店舗見学で社員などに質問をした…

続き

店舗見学で質問した人から嫌な顔をされましたが不採用ですか?
店舗見学で質問をしていたら嫌な…

続き

店舗見学で写真を撮っても良いですか?
店舗見学レポートの資料に使いた…

続き

ピックアップ記事

  1. 店舗見学とは会社の実際の店舗を見学することです。アパレルやスーパーなどの小売業の場合、採用活動の一環…
  2. 店舗見学では挨拶は明るく元気にハッキリとしましょう。 (さらに…)…
  3. 店舗見学レポートを作成するときの注意点をまとめています。 (さらに…)…
ページ上部へ戻る