就活生は店舗見学で仕事内容が具体的にわかる

就活生は店舗見学をする事によって会社での仕事内容が具体的にわかるようになります。

会社の資料には良いことしか書いていない!

会社のホームページや会社案内、求人情報などは会社の良い面しか書いていません。例えばスーパーの場合、店頭に並んでいる生鮮食品は店内で加工しています。魚をさばいたり肉を切ったりする部門もあります。そういう部門に配属されることを想定していますか?高学歴の人ほどこういう仕事を敬遠する傾向があります。なお、配属の希望は出せてもその希望がかなう保証はありません。また、アパレルにおいても、店頭で販売するだけが仕事ではありません。店頭で販売するための商品知識や営業販売の手法の勉強もしなければいけません。お客様にどのように言えば買ってもらえるのか、気分良く買い回ってもらうための手法をミッチリ仕込まれます。さらには値札付けや売場撤去作業、在庫管理、掃除などの販売以外の業務もあります。店舗見学では、実際の職場を見て感じることで、貴方が会社案内等で感じた事と違いが無いか、違いがあるとしてもその違いを受け入れる気持ちがあるのかを確かめることができます。新入社員の中には正式配属が決まってすぐに辞める人もいます。こういう人の多くが自分が思っていた仕事ではないところに配属されたからではないでしょうか。

0
スポンサーリンク

関連記事

流通業界唯一の公的資格「販売士検定」

流通業界唯一の公的資格「販売士(リテールマーケティング)検定」。受験生の多くが就職活動を控えた学生です。
就活で役立つのに難易度はやさしく、販売士3級なら合格率は約60%(実際の合格率は80%以上です。)!

試験は年に2回。独学でも合格できます。

販売士の勉強法、おすすめ本などはこちらから 販売士講師が運営「販売士と就活で役立つ資格

スポンサーリンク

店舗見学FAQ

店舗見学は勝手に行っていいのですか?
店舗見学をするように言われまし…

続き

店舗見学をするところの近隣店舗にも行くべきですか?
今度店舗見学をすることになりま…

続き

店舗見学で質問したら評価は上がりますか?
店舗見学で社員などに質問をした…

続き

ピックアップ記事

  1. 店舗見学とは会社の実際の店舗を見学することです。アパレルやスーパーなどの小売業の場合、採用活動の一環…
  2. 店舗見学レポートを作成するときの注意点をまとめています。 (さらに…)…
  3. 店舗見学では挨拶は明るく元気にハッキリとしましょう。 (さらに…)…
ページ上部へ戻る