店舗見学のチェックポイント2 売場の乱れ

店舗見学のチェックポイント。売場の乱れ。

店舗見学では売場の乱れをチェック!

店舗見学では必ず売場の乱れをチェックしましょう。特にアパレル店の洋服等の陳列乱れ、セルフサービス店の売り場で乱れが目立つところがあります。来店客が多いと売場が乱れるのは仕方ありませんが、それを長時間放置している店舗があります。「整頓してもすぐに乱れるから…」という気持ちはわかりますが、売場の乱れはお客様に対する印象が悪く、さらに、こういう売場を放置している会社は往々にして業績が低迷します。

売場の乱れは会社の乱れ

単純に人手が足りない場合は別ですが、会社は社員に対して必ず「売場を綺麗な状態に保つように!」と指示しているはずなのに、改善しないのは何故でしょうか?普通であれば、売場が乱れている状態が続くようならその売場の責任者を注意して改善を指示しますが、改善しないという事はその原因は、商売に無理があるか、会社の教育不足、社員の怠慢などが考えられます。

  • 単純に人手が足りない場合は、なぜ人手が足りないのか?(商売に無理がある?適正な人件費が出ない商売ということ?)
  • 作業過程に「ムリ・ムダ・ムラ」がないか?なぜ改善しない(しようと考えない)のか?
  • 社員が上司に対して緊張感がないのか?

売場の乱れによるデメリット

売場の乱れによる主なデメリットは次の通りです。

  1. 商品が傷みやすい。
  2. 商品が傷んでいるように思える。
  3. 目的の商品が見つけにくい。
  4. 安いお店に見える。
  5. 店員の管理ができていないと思われる(万引きが増える)。

チェックポイント

業種などによって売場のチェックポイントは違いますが、概ね次のところを確認しましょう。

  1. フェイスは整っているか?
  2. 欠品はないか?
  3. 商品の破損・汚れ等はないか?
  4. 什器は汚れていないか?
  5. プライスカードと商品に相違はないか?
  6. サイズ順、値段順など整理整頓されているか?
  7. クリンリネスは行き届いているか?

 

0
スポンサーリンク

関連記事

流通業界唯一の公的資格「販売士検定」

流通業界唯一の公的資格「販売士(リテールマーケティング)検定」。受験生の多くが就職活動を控えた学生です。
就活で役立つのに難易度はやさしく、販売士3級なら合格率は約60%(実際の合格率は80%以上です。)!

試験は年に2回。独学でも合格できます。

販売士の勉強法、おすすめ本などはこちらから 販売士講師が運営「販売士と就活で役立つ資格

スポンサーリンク

店舗見学FAQ

服装は自由!?どうしたらいいですか?
店舗見学に行く時の服装は自由と…

続き

店舗見学で写真を撮っても良いですか?
店舗見学レポートの資料に使いた…

続き

店舗見学は勝手に行っていいのですか?
店舗見学をするように言われまし…

続き

ピックアップ記事

  1. わざわざ会社が店舗見学をする理由は何だと思いますか?店舗見学をするのにもお金がかかっています。社員等…
  2. 店舗見学とは会社の実際の店舗を見学することです。アパレルやスーパーなどの小売業の場合、採用活動の一環…
  3. 店舗見学レポートを作成するときの注意点をまとめています。 (さらに…)…
ページ上部へ戻る