店舗見学のチェックポイント1 品揃え

店舗見学でチェックするポイント。品揃え。

品ぞろえは会社や業種によって違う

店舗見学では必ず品揃えをチェックしましょう。品揃えといってもそれが十分なものかどうかは会社によって違います。専門店か総合店かによっても違いますし、会社の方針によっても違います。例えば、家電量販店の場合、ヤマダ電機やヨドバシカメラなど一般家電を取り扱っている店舗の場合は幅広い種類の家電を販売している(品揃えが豊富)半面、特定の種類の商品の専門性は低くなります(品揃えが豊富でない)。これに対してソフマップなどのパソコン専門店の場合、一般家電はありませんが(品揃えが豊富でない)、パソコン関連商品はマニアックなものまで取り扱っています(品揃えが豊富)。このように単に「品揃えが豊富」と言っても、何をもって品揃えが豊富なのかはその会社によって違います。

品揃えから鋭い質問ができることも

一般的には、品揃えが豊富ではない店舗というのは存在しません(そのような店舗は潰れます)。先にも書いたように、品ぞろえの「豊富」という概念は会社によって違いますが、豊富であるとされる店舗でも品揃えで抜けているポイントがあります。例えば、一般家電を取り扱っている店舗なのにパソコンの取り扱いが無い、又は、他店に比べて極端に少ない場合などです。こういう場合には絶対に何か理由があります。こういうポイントを質問すると「鋭い!」「他の就活生とは違う!」と思われます。

0
スポンサーリンク

関連記事

流通業界唯一の公的資格「販売士検定」

流通業界唯一の公的資格「販売士(リテールマーケティング)検定」。受験生の多くが就職活動を控えた学生です。
就活で役立つのに難易度はやさしく、販売士3級なら合格率は約60%(実際の合格率は80%以上です。)!

試験は年に2回。独学でも合格できます。

販売士の勉強法、おすすめ本などはこちらから 販売士講師が運営「販売士と就活で役立つ資格

スポンサーリンク

店舗見学FAQ

店舗見学は勝手に行っていいのですか?
店舗見学をするように言われまし…

続き

店舗見学で写真を撮っても良いですか?
店舗見学レポートの資料に使いた…

続き

店舗見学で質問した人から嫌な顔をされましたが不採用ですか?
店舗見学で質問をしていたら嫌な…

続き

ピックアップ記事

  1. 店舗見学とは会社の実際の店舗を見学することです。アパレルやスーパーなどの小売業の場合、採用活動の一環…
  2. 店舗見学レポートを作成するときの注意点をまとめています。 (さらに…)…
  3. わざわざ会社が店舗見学をする理由は何だと思いますか?店舗見学をするのにもお金がかかっています。社員等…
ページ上部へ戻る