店舗見学のチェックポイント1 品揃え

店舗見学でチェックするポイント。品揃え。

品ぞろえは会社や業種によって違う

店舗見学では必ず品揃えをチェックしましょう。品揃えといってもそれが十分なものかどうかは会社によって違います。専門店か総合店かによっても違いますし、会社の方針によっても違います。例えば、家電量販店の場合、ヤマダ電機やヨドバシカメラなど一般家電を取り扱っている店舗の場合は幅広い種類の家電を販売している(品揃えが豊富)半面、特定の種類の商品の専門性は低くなります(品揃えが豊富でない)。これに対してソフマップなどのパソコン専門店の場合、一般家電はありませんが(品揃えが豊富でない)、パソコン関連商品はマニアックなものまで取り扱っています(品揃えが豊富)。このように単に「品揃えが豊富」と言っても、何をもって品揃えが豊富なのかはその会社によって違います。

品揃えから鋭い質問ができることも

一般的には、品揃えが豊富ではない店舗というのは存在しません(そのような店舗は潰れます)。先にも書いたように、品ぞろえの「豊富」という概念は会社によって違いますが、豊富であるとされる店舗でも品揃えで抜けているポイントがあります。例えば、一般家電を取り扱っている店舗なのにパソコンの取り扱いが無い、又は、他店に比べて極端に少ない場合などです。こういう場合には絶対に何か理由があります。こういうポイントを質問すると「鋭い!」「他の就活生とは違う!」と思われます。

スポンサーリンク

関連記事

流通業界唯一の公的資格「販売士検定」

流通業界唯一の公的資格「販売士(リテールマーケティング)検定」。受験生の多くが就職活動を控えた学生です。
就活で役立つのに難易度はやさしく、販売士3級なら合格率は約60%(実際の合格率は80%以上です。)!

試験は年に2回。独学でも合格できます。

販売士の勉強法、おすすめ本などはこちらから 販売士講師が運営「販売士と就活で役立つ資格

スポンサーリンク

店舗見学FAQ

店舗見学をするところの近隣店舗にも行くべきですか?

今度店舗見学をすることになりましたが、その店舗の近くに同業のお店が数店あります。事前に近隣店舗の見学をしておくべきでしょうか?

近隣店舗も見学しておく方が良い

その会社に対する気持ちにもよりますが、第一志望であれば近隣店舗も見学しておくべきです。「近隣の競合店との違いを聞く」で書いていますが、ほとんどの就活生が店舗見学に行く店しか視察していないので、事前に近隣店舗を視察しておき、店舗見学で社員等に近隣店舗との違いを質問したら熱意が伝わります。店舗見学レポートでも書けるので時間の余裕があれば近隣店舗も行った方が良いですよ。

See the entire answer

友達と一緒に店舗見学に行ってもいいですか?

友達も同じ会社に応募していますが、一緒に店舗見学に行っても良いのでしょうか?

店舗見学は遊びではありません。友達と一緒に行くとマイナス評価になる場合があります。

店舗見学は面接などと同じで採用活動の一環なので、原則として友達と一緒に行くべきではありません。特に会社の社員等が店舗内を案内してくれる店舗見学の場合は友達と一緒に行くだけでマイナス評価になります。会社の人が案内しない自由訪問の店舗見学の場合は誰と来たのかわからないので友達を一緒に見学してもわかりませんが、私なら万が一の事も考えて別々に行きます。

See the entire answer

店舗見学で写真を撮っても良いですか?

店舗見学レポートの資料に使いたいので写真を撮っても良いでしょうか?

必ず事前に会社に確認すること。

店舗見学で写真を撮る場合は必ず事前に写真を撮っていいか確認するべきです。特に普段は入れないバックヤードなどは許可が無い限り写真を撮ってはいけません。万が一、勝手に写真を撮って社員等に注意されたら確実にマイナス評価です。バックヤードには外部には知られたくない企業秘密などがあります。

知り合いを自宅に招いて勝手に写真を撮られたら「なんだコイツ!?」となりますよね。それと同じです。

See the entire answer

ピックアップ記事

  1. 面接や会社説明会で「○○日までに店舗見学をしてください。」と言われることがあります。このように指示さ…
  2. 店舗見学レポートを作成するときの注意点をまとめています。 (さらに…)…
  3. 店舗見学では挨拶は明るく元気にハッキリとしましょう。 (さらに…)…
ページ上部へ戻る