店舗見学レポートを作成するときの注意点

店舗見学レポートを作成するときの注意点をまとめています。

店舗見学レポート作成の注意点

店舗見学レポートの用紙を会社から配布される場合のレポート作成の注意点は次の通りです。

  1. 用紙は白紙の状態で必ずコピーしておく。
  2. 原則としてその用紙を使用する。
  3. 聞かれていることを書く。
  4. 枠をはみ出ない。

用紙は白紙の状態で必ずコピーしておく。

提出書類は必ずボールペン」でも書いていますが、店舗見学レポートはボールペンで書かなければいけません。当然、書き間違えることもあるので予備の用紙が必要です。会社によっては複数枚くれるところもありますが、大体のところは1枚だけです。修正ペンを使用しても良いと言うところもありますが、実際に使用する人はあまりいないと思います。「修正ペンを使用する→間違えたということ→集中力が無い→仕事が適当」と思われるかもしれません。店舗見学レポートは必ず何も書いていない状態でコピーしておき、コピーで試し書きをして、原本に清書して提出しましょう。

原則としてその用紙を使用する。

就活生によっては会社から店舗見学レポートの用紙を渡されているのにパソコンでする人がいます。手書きは大変ですから、気持ちは分かります。たしかに質問事項等が同じであれば書いている内容に違いはないので良いかもしれませんが、勝手にパソコンを使用してはいけません。指示していないことを勝手に判断し行動してはいけません。会社はそのような行為を非常に嫌がります。どうしてもパソコンを使用したいのであれば必ず会社に確認しましょう。

聞かれたことを書く。

店舗見学レポートには書かなければいけないことが書いています。良かった点を聞かれたら良かったところを書き、悪かった点を聞かれたら悪いと感じたところを書きましょう。質問事項には必ず忠実に書かなければいけません。質問事項とは関係のない事を書くと「理解力が無い→指示したことができない→仕事ができない」と判断されます。

枠をはみ出ない。

店舗見学レポートでは枠をはみ出して書いてはいけません。沢山書いた方が印象が良いと勘違いしている人がいますが、大切なのは量ではなく中身です。指定された範囲内で文章をまとめなければいけません。

0
スポンサーリンク

関連記事

流通業界唯一の公的資格「販売士検定」

流通業界唯一の公的資格「販売士(リテールマーケティング)検定」。受験生の多くが就職活動を控えた学生です。
就活で役立つのに難易度はやさしく、販売士3級なら合格率は約60%(実際の合格率は80%以上です。)!

試験は年に2回。独学でも合格できます。

販売士の勉強法、おすすめ本などはこちらから 販売士講師が運営「販売士と就活で役立つ資格

スポンサーリンク

店舗見学FAQ

店舗見学で写真を撮っても良いですか?
店舗見学レポートの資料に使いた…

続き

店舗見学レポートの提出期限を過ぎてしまったら不採用決定ですか?
うっかりして店舗見学レポートの…

続き

店舗見学で質問した人から嫌な顔をされましたが不採用ですか?
店舗見学で質問をしていたら嫌な…

続き

ピックアップ記事

  1. 店舗見学では挨拶は明るく元気にハッキリとしましょう。 (さらに…)…
  2. 面接や会社説明会で「○○日までに店舗見学をしてください。」と言われることがあります。このように指示さ…
  3. 店舗見学レポートを作成するときの注意点をまとめています。 (さらに…)…
ページ上部へ戻る