店舗見学のチェックポイント10 店舗照明

店舗見学のチェックポイント。店舗照明。

店舗見学では店舗照明をチェックする

店舗照明はお客様が来店しやすくしたり、買い回りやすくしたり、店舗の雰囲気を出すなど様々な効果があります。店舗見学では各店舗で照明が効果的に活用されているのかチェックしましょう。

店舗照明のチェックポイント

  1. ベース照明は適正か
  2. アクセント照明は活用しているか
  3. 照明器具の配置は適正か

ベース照明は適正か

ベース照明とは店内の基本的な照明のことです。店内のベース照明は蛍光灯で明るくする方が効果的というのが一般的ですが、高級品を取り扱う店舗では薄暗い方が良いと言われています。ベース照明を落として間接照明を多用することで高級感を出すことができると言われています。このように店内の照明が取扱商品とマッチしているのかをチェックしましょう。

アクセント照明は活用しているか

アクセント照明とは特定の商品に注目させるためのスポットライトのような照明のことです。アクセント照明により商品の注目度が高まりますが、これを多用するとゴチャゴチャした売場になってしまいます。

照明器具の配置は適正か

照明器具の配置には意味があります。コンビニの蛍光灯の配列を見たことがありますか?どのコンビニでも蛍光灯は通路窓と平行に配置しています。これは蛍光灯の特性を活かした配列で、蛍光灯は横に光を発する性格を有しているため、蛍光灯を店舗窓と並列に配置することで光を外に出すことができ、店舗の注目度を高めるができます(集客力アップ)。

スポンサーリンク

関連記事

流通業界唯一の公的資格「販売士検定」

流通業界唯一の公的資格「販売士(リテールマーケティング)検定」。受験生の多くが就職活動を控えた学生です。
就活で役立つのに難易度はやさしく、販売士3級なら合格率は約60%(実際の合格率は80%以上です。)!

試験は年に2回。独学でも合格できます。

販売士の勉強法、おすすめ本などはこちらから 販売士講師が運営「販売士と就活で役立つ資格

スポンサーリンク

店舗見学FAQ

店舗見学をするところの近隣店舗にも行くべきですか?

今度店舗見学をすることになりましたが、その店舗の近くに同業のお店が数店あります。事前に近隣店舗の見学をしておくべきでしょうか?

近隣店舗も見学しておく方が良い

その会社に対する気持ちにもよりますが、第一志望であれば近隣店舗も見学しておくべきです。「近隣の競合店との違いを聞く」で書いていますが、ほとんどの就活生が店舗見学に行く店しか視察していないので、事前に近隣店舗を視察しておき、店舗見学で社員等に近隣店舗との違いを質問したら熱意が伝わります。店舗見学レポートでも書けるので時間の余裕があれば近隣店舗も行った方が良いですよ。

See the entire answer

店舗見学レポートの提出期限を過ぎてしまったら不採用決定ですか?

うっかりして店舗見学レポートの提出期限を過ぎてしまいました。不採用決定でしょうか?

ほぼ不採用決定

残念ながらほぼ不採用決定です。就活において期限は絶対で、これに遅れた場合は致命傷になり挽回はほぼ無理でしょう。ただ、絶対に無理というわけではないので、会社に期限後になった旨を伝えて今から提出しても良いかを確認してみてはいかがでしょうか。どうせ駄目なんですから私ならダメ元でチャレンジします。

See the entire answer

店舗見学で写真を撮っても良いですか?

店舗見学レポートの資料に使いたいので写真を撮っても良いでしょうか?

必ず事前に会社に確認すること。

店舗見学で写真を撮る場合は必ず事前に写真を撮っていいか確認するべきです。特に普段は入れないバックヤードなどは許可が無い限り写真を撮ってはいけません。万が一、勝手に写真を撮って社員等に注意されたら確実にマイナス評価です。バックヤードには外部には知られたくない企業秘密などがあります。

知り合いを自宅に招いて勝手に写真を撮られたら「なんだコイツ!?」となりますよね。それと同じです。

See the entire answer

ピックアップ記事

  1. 店舗見学レポートを作成するときの注意点をまとめています。 (さらに…)…
  2. わざわざ会社が店舗見学をする理由は何だと思いますか?店舗見学をするのにもお金がかかっています。社員等…
  3. 店舗見学では挨拶は明るく元気にハッキリとしましょう。 (さらに…)…
ページ上部へ戻る