まずはポイントを書きだそう!

店舗見学レポートはまずポイントを書きだしましょう。

ポイントを書きだすとレポートを書きやすい!

店舗見学レポートを書くときにいきなりレポート用紙に書き始めてはいけません。最初に書いている事と後で書いている事が違っていたり、何度も同じことを書いていたりと支離滅裂なレポートになりがちです。まずは別の用紙にどういったことを書くのかポイントを書きだしましょう。

店舗、客、商品構成、クリンリネス、従業員などの項目毎に紙を用意して、箇条書きで書いていきます。

店舗

  • 駅前でアクセスが良い
  • ショッピングモールとの雰囲気に合っている

  • 駅前のため来店客が多い
  • 来店客の多くが店内を隅々まで買い回っている

商品構成

  • 来店している客層を考えるともう少し若者向けの商品を店頭に並べると来店客が上がるように感じる
  • 関連商品の数が少ない

クリンリネス

  • 商品、床、什器ともに綺麗に清掃されている
  • トイレも綺麗

従業員

  • 来店客への声かけが明るく元気
  • 接客が爽やか
  • 商品知識が豊富、提案販売ができている
  • 楽しそうに見える

ポイントを組み合わせると良い文章になる!

このように項目毎に箇条書きにすることで店舗見学で感じた事をまとめる事ができます。店舗見学レポートの問については、これらの箇条書きを組み合わせて作成すれば結構簡単に書くことができますよ。例えば自社の改善点をお聞かせくださいとの問いには、駅前のため来店客は多いものの実際に来店している客層が想定しているよりも若いように感じるので若者向けの商品を店頭に並べてみたらどうでしょうか。など。

スポンサーリンク

関連記事

流通業界唯一の公的資格「販売士検定」

流通業界唯一の公的資格「販売士(リテールマーケティング)検定」。受験生の多くが就職活動を控えた学生です。
就活で役立つのに難易度はやさしく、販売士3級なら合格率は約60%(実際の合格率は80%以上です。)!

試験は年に2回。独学でも合格できます。

販売士の勉強法、おすすめ本などはこちらから 販売士講師が運営「販売士と就活で役立つ資格

スポンサーリンク

店舗見学FAQ

カードの会員登録はするべきですか?

店舗見学で会社のカード会員に登録した方が良いですか?

登録した方が印象は良いが登録しなければいけないわけではない。

最近では多くの会社で会員カードを発行しています。店舗見学に行く会社のカード会員でない場合に、カード会員になるべきかと言えば、登録した方が良いが、登録しないと不採用になるというわけではないと思います。特に大きい会社ほど就活生が多いのでいちいち会員登録の有無まで確認しているのか疑問です。とはいえ、会員登録は大した手間でもないですし、登録無料であれば私ならとりあえず登録します。会員登録してマイナス評価という事はないですからね。

See the entire answer

店舗見学は勝手に行っていいのですか?

店舗見学をするように言われましたが、勝手に店舗に行っても良いのでしょうか?

会社からの指示に従うべき!

店舗見学は概ね次のパターンがあります。

  1. 会社が日時を指定する場合
  2. 会社に店舗見学をする日時を伝えなければいけない場合
  3. 自由に店舗見学をして良い場合

店舗見学の指示があった場合にはその予約方法などの指示があるはずで、必ずその方法に従うべきで、原則として指示に反した場合は不採用になります。

店舗見学は会社によって違うので一概には言えませんが、大手ほど「3.自由に店舗見学をして良い場合」のようです。就活生が多いので予定を調整するのが大変ですからね。

もし会社の指示がどうだったのか分からない場合は、同じ会社を受ける就活友達に聞きますが、就活友達がいないときは会社に聞きます。会社からすると「話を聞いていなかったのかな」と思われますが、突然訪問で印象を悪くするよりはマシです。

See the entire answer

服装は自由!?どうしたらいいですか?

店舗見学に行く時の服装は自由と言われましたが、本当に自由なのでしょうか?

自由と何でも良いは違う!

就活生によっては「服装自由」という事で普段着で行く人がいますが、「自由」と「何でも良い」は違います。私なら自由と言われてもスーツで行きます。

アパレル会社等で多いのですが、「私服で来て下さい。」とスーツを禁止するところがありますが、この場合は出来る限りその会社の雰囲気に合った服装で行くようにしましょう。ライバルブランドは避けた方が無難だと思います。店舗見学は面接と同じで採用活動のひとつです。

See the entire answer

ピックアップ記事

  1. 店舗見学レポートを作成するときの注意点をまとめています。 (さらに…)…
  2. 店舗見学とは会社の実際の店舗を見学することです。アパレルやスーパーなどの小売業の場合、採用活動の一環…
  3. 店舗見学では挨拶は明るく元気にハッキリとしましょう。 (さらに…)…
ページ上部へ戻る