店舗見学レポートは粗探しレポートではない

店舗見学レポートは粗探しレポートではありません。

店舗見学で悪い事ばかり書くと印象が良くない!

店舗見学レポートは褒め称えるだけの称賛レポートはいけませんが、反対に悪いことだらけのレポートも良くありません。就活生の中には店舗見学レポートで店舗の悪いところばかり書く人がいます。

  1. 「店員の対応が悪かった」
  2. 「店員の商品知識が乏しく質問しても答えられなかった」
  3. 「店舗が汚かった」
  4. 「トイレが汚れていた」 等など

「店舗を評価する」と息巻いている就活生がこのようなレポートを書くようですが、よくもまぁこれだけ悪いところをみつけたな…という人もいるそうです。「改善して良くしたい」という気持ちはわかりますが、店舗見学レポートは粗探しレポートではありません。会社からすると悪いところを見つけてくれるのは有難いのですが、あまりに多いと「この人は何故当社に入社したいのだろうか」と思われます。悪い会社に入りたいと思う人はいないのでこのように思うのは当然です。

0
スポンサーリンク

関連記事

流通業界唯一の公的資格「販売士検定」

流通業界唯一の公的資格「販売士(リテールマーケティング)検定」。受験生の多くが就職活動を控えた学生です。
就活で役立つのに難易度はやさしく、販売士3級なら合格率は約60%(実際の合格率は80%以上です。)!

試験は年に2回。独学でも合格できます。

販売士の勉強法、おすすめ本などはこちらから 販売士講師が運営「販売士と就活で役立つ資格

スポンサーリンク

店舗見学FAQ

店舗見学は勝手に行っていいのですか?
店舗見学をするように言われまし…

続き

店舗見学で写真を撮っても良いですか?
店舗見学レポートの資料に使いた…

続き

店舗見学で質問したら評価は上がりますか?
店舗見学で社員などに質問をした…

続き

ピックアップ記事

  1. わざわざ会社が店舗見学をする理由は何だと思いますか?店舗見学をするのにもお金がかかっています。社員等…
  2. 店舗見学レポートを作成するときの注意点をまとめています。 (さらに…)…
  3. 店舗見学とは会社の実際の店舗を見学することです。アパレルやスーパーなどの小売業の場合、採用活動の一環…
ページ上部へ戻る